2004年4月11日 (日)

2004.04.11 清水エスパルス △0-0△ FC東京

Fujisan_fct1

双六は振り出しに戻る、でも点は獲れないです。

なかなか勝ち点が獲れない、大量失点が続くなか土曜日ではなく日曜日開催のホーム試合にわざわざ参戦、 今年の交通費だけを考えても、どっぷりはまっている感じ。 そろそろ勝てないと本気でやばい感じを漂わせながら駐車場から坂を上ります。 先月のホーム開幕戦では寒々としていた桜も4月10日を過ぎ、すでに葉桜状態です。清水ICまでの東名高速を走ると、 富士山は曇天か霞の中で全く見えませんでしたが、スタジアムではちょいっと姿を現しており、 久しぶりに見る富士山をバックにスタジアムと撮りたいとメインスタンドへ試合前に移動。 バックスタンドアウェイ側のくぼみ部分に浮かぶ富士山を撮影しながら、ここ最近の情報からは、今日はよくて引き分けかな? だめなら早くもチーム崩壊、監督・外人入れ替え?を意識してました。
試合を前にして、いつもより長いミーティングなのか開始時間が迫ってもエスパルスのアップが始まりません。スタンドは開幕戦より出足が悪い印象の中、開始が迫るにつれ徐々に埋まり始め、東京FCサポの強力なみなさまのご来場もあり、なんとか14千人を確保しました。加地も茂庭も石川もいます・・・、ケリーは先発ではないのでちょっと安心。試合前のパルちゃんショーからすでに、負け試合が続く中なんとか勝とうという意志はスタンドとスタッフに満ちております。毎度ながら本当に涙が出てきます、この日のパルちゃんほどガッツポーズが多い日は見たことがありません。
試合は勝つぞと言う雰囲気がバックスタンドから満ちる中、開始。前半は早めのクリアと前線のチェイスがとよく働き、FC東京に速攻の形を作らせず、なんとかしのぎました。池田が足の負傷で走れなくなって、平岡がセンターへ移動、左には新人和田が投入されました。彼のキックは多くはなかったのですが、右の太田が出すクロスよりは良質で、ねらいも良く、なによりも左利き特有の回転が綺麗に、糸を引いて飛んでいきます。太田のはドスンとでますが、古くさい縦カーブのボールでスピード感が欠けていて美しくありません、データではクロスの本数は多いはずですが、中央に構えるプレイヤーとの接続は今一歩というよりかなり欠けてます、市川もこうしてみるといいキックを蹴っているのだと感心。イチの場合は長さより角度の精度が低いのでなかなか合いませんが、太田のは長さが全くあってなく、ファーサイドを超えて逆サイドに流れすぎです、なら、自分で中央へ流れて打てば良いのにととも思います。が、やはり、前半終了間際のFC東京フリーキックは心臓に悪かったです、これで1-0折り返しはガンバ戦と同じ道と思ってました。

後半も、エスパルスのDFクリアによる中盤省略型攻撃は、FC東京の石川+加地による攻撃を結果的に有効にさせず、互いに前線へ走りっぱなしの展開となりました。徐々に間延びするラインに、テルと杉山のボランチも本来の走力を生かし、カバーは抜群ですが攻撃にはなりません。北嶋にもポストとして一度ボールは当たる、失わないのは立派ですが、決定的なパターンはありません。大量失点チームが何とかボールをキープし、なんとか点を獲ろうと努力しているのですが、右サイドは不正確、左サイドにはボールが出ない、中央はつぶすので手一杯ということで、攻撃は前3人組に絞られると個人能力は並程度ですから、ジャーンと茂庭なんぞのFC東京のDFに対しては苦しいです。
ノボリも相変わらず、イーブンボールへの競りは控えめ、眼の前をすぎるボールにも感心薄く、見逃します、で常に体力温存ぎみ、平松はあの位置ではなにをしているのか、役割がわからず、見ている方も段々なんでいるのか分からなくなってきます、いっそのこと右サイド中盤のほうがと役割が明確かも。最後のアラウージョにいたっては、入ったときからボールは廻してもらえるのですが、本人はドリブルでひとりで踊ってまして、私の周りでは失笑を買ってました、この人達からはすでに駄目外人扱いです。見ていても周りのサポートがない上に、本人もなんとかしようと本当に踊ってます。日本じゃ通用しません。折角のトップ位置への投入も意味ありません、最後の5分くらいはなんどもボールを盗られて、チームの危機を呼んでました。おぃおぃ、新人いいかげんいしろや、と言う感じですね。
このように、日本人で構成するとなんとかなるのですが、どう攻めるのかとどうやって点を取るのかはまったく見えてきません。しばらく、勝ち点1が手一杯です、きっと水曜日のレッズ戦も良くて完封の勝ち点1でしょう、それくらい、指導者と現場はこまってます。
でも、去年のホームJEF戦(3-0)・レッズ戦(1-0)もそうだったのですが、どうもこのチームに関係する人たちは、プライドを擽らないと必死にならないところがあるのでしょうか?これくらいできるなら、はじめから集中してやればとも思ってしまうのですが。常に負けられないことを意識することが欠けているのではないのか?よくいえば、余裕があるということであり、悪く言うとのんびりしすぎ。静岡ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月20日 (土)

2004.03.20 清水エスパルス ×1-2○ 鹿島アントラーズ

結果は出なかったが、どうなんでしょう?

土曜日は、ホーム開幕戦です。関東で働く日々ですが、金曜日に実家に移動、 土曜日ゆっくり起きる戦術を採用し、 終業後東京駅へ移動。金曜日の新幹線というえば、何時も込んでいる。 特に夕方から夜のやつは諸事情により帰宅を急ぐ出張サラリーマンとかでいっぱい。 いつもの事ながら東京駅についたときには指定席はもちろん品切れでしたが、春休みが始まったためか、 のぞみが増発されているからか、激混みではなく無事 席を確保しました。定刻にでた新幹線はあっという間に、品川駅にまた停車、 品川駅ができてからというものイマイチ加速感のない旅になった気がします。静岡まで1時間、眠気は抑えられず、 新横浜すぎたあたりから風景の記憶がない。
気がつけば、東静岡あたりで減速中。いつのまにか停車をしらせる音楽は”ピン・ポ・パー”からいい日旅たちの着メロになっていた (かえり(上り)はTOKIOだったけど)。いつもの静岡に帰ると「東京より暖かい」がこの季節セオリーだけど、 金曜日の夜はかなり冷え込んでいて、コートがないとやっていけない。在来線との乗り換えには15分ほど、 しばらく時間があるのでホームは避けたい。 帰りがけにいっぱいやっているオヤジたちがいなければキオスクのとなりでおでんでも食いたいところだが、我慢。 東海道線下り電車浜松行きに乗車、10時過ぎに帰宅?できた、風呂に入って寝る。。。今週は日・火・木と観戦中、3+6+3漱石で、 明日は2.7漱石、交通費を考えると自滅なので数えません。

土曜日  朝おきると静岡の空は雨模様。11時に出発し一路日本平へ。なんせ、今週は3試合 (4試合)も観戦しているので体がきつい、腰と足に疲れが来てます。遺跡通り沿いの民間パーキングに車をとめてスタジアムの坂を登ります。 今年の開幕は無事 引き分けたものの、メンバー構成と聞き伝えてもらう情報ではとっても期待できないようです。
相性いいからなんとか勝てるかなと思っていましたが、会場入りしアウェイ2階スタンド見ても鹿島サポも大して来てないし、 こりゃ今年のエスパルスはさらに安パイ、と鹿島サポには判断されているなぁと確信してしまいました。
メンバーに迫力がないと相手サポもきてくれないのですね。去年までであれば、この対戦カードは、1.4万人は稼げるとおもいましたが、 実際は1.2万人程度でしたから。

試合は、開始直後からの序盤アントラーズの攻勢、前半中ごろ、西部のスローから、 サイドへボールが渡り、アラウの初ゴールで、1-0と活気がでました。その後エスパルスペースでパスがつながり前半が終了。 特に西部は連携がまだまだ確立できてないなか、至近距離のシュートをストップさせる性能とキャッチ後のボールフィードがうまい (いままでのエスパGK比)。昨年まで試合に出てないGKという部分を加味すればかなりの戦力です。しかし、 後半 いきなり深井と西部が接触したあたりからおかしい感じになり、1点献上。これはDFのクリアが甘いことと、互いの連携、理解は低く、 DFとMFとサイドはボールウォッチャーが多すぎ、この連携が弱いことを突かれ、パスミスからゴール前混戦、シュート打たれて2-1。 同点になったころから徐々におかしい気はしていましたが、それまで出ていた指示声が弱くなり、チーム内の関係が希薄になって来ました。 これではで、試合が勝ちパターンになりません。沢登>康平へのチェンジも短い時間は盛り返す原動力となりましたが、すぐに抑えられ、 また攻撃は沈静化。
試合の中でよかった点は、元気出してほしいアラウージョが点を取ったこと。パスは去年までつながるし、 森岡のフィードを生かした最終ラインのボール廻しは3枚がワイドに開くことはできた。逆に、これは?と思ったのは、FWの運動量が低下し、 相手ボールを追えない(追わない)ところではラインが間延びして中盤が開くこと、ノボリもFWに近い位置取りを重視してしまい。 テルとファビーニョの前・後ろには広大なスペースが見事に開きます。 3列目からのフォローがないノボリは、 結構苦しんでましたが彼自身ボールキープができそうな競り合いの場面では、足先だけでボールを押さえようとしてしまい、 見事に囲まれるとカットされます。さらにサイドの太田は攻撃のときは玉離れがやや遅く、守備のときはMFにつくのか、 新井場に行くのかはっきりせず、テルが外へフォローを入れる。鹿島は手薄な中盤をさらに支配できるといったところで押されます。 このサイドは、声が出てないのもそうですが、味方同士でも同距離に落ちたボールはどちらがいくのかきまってないらしく、 2人で追いかけてみたり、どっちも行かなかったり連携が確立されていません。

来週の市原戦は夜の中継をみるかぎり、好調な滑り出し、 ナビスコとはいえさらに厳しい試金石となることは間違いありません。まだまだメンバー固定の時期ではないですが、 前3人と中盤センター2人との連携、サイドと前3人の連携がないと厳しいです。この日の結果はチームとしては痛いですが、 内容はまだ試行錯誤であり、煮詰めることはできそうなのでもう少し我慢です。

後は、チームの運営・営業が変わってほしい、もう少し期待していたのですが。。。。バスが東静岡駅からと増えたりするのはよいですが。 スポンサーが減ったというところを小額のスポンサーを増やすとか金以外のソフトのスポンサーを増やして欲しいです(やってんでしょうが)。
場内は、相変わらず音響はうるさいし、折角ゴール裏2階応援が盛り上がっているのに変なバックミュージックは不要ではないでしょうか。 そういえば、ゴール裏1階の裏側にあった中満さんのエスパルサブレブース無くなりました、ミスドに変更。
売っている売店の商品も変わり栄えしません。チケットの買いやすさは工夫しているのでしょうが、 会場にどれくらいのお金を落としていただくか?検討しているのでしょうか?今日は2時キックオフです、寒い中、暖かい物を売る、 弁当売るチャンスはもっとあったと思うけど。
喫煙コーナーもあやふやだし、子供のことを考えればもっと入場口・建物の外側とかエリアに作るとか灰皿おくだけではダメです。 アウェイに良く限り、他球団の運営が良いと思うことはいくつもあるし、エスパルスのほうが良いと思うこともありますが、 期待していただけに残念です。

続きを読む "2004.03.20 清水エスパルス ×1-2○ 鹿島アントラーズ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月13日 (土)

2004.03.13 サンフレッチェ広島△1-1△清水エスパルス

2004シーズン開幕
3月となり、 帰宅後のTVでは毎日のように野球オープン戦結果が流れておりますが、U-23、 A代表と試合が進んでいるサッカーを見慣れていると、こんなに暖かいのに野球はまだシーズン前なのかい、と思ってしまう。

今年は(も)さほど寒くない日々が続いており、今シーズン最後かなぁと一路関越道を進む、当然 広島の開幕戦は不参加、 今日は暖冬の影響で溶けかかった雪を相手に苦闘する。露天風呂・昼寝・帰宅・夕食準備とすすみます。
この間 ネットで速報観戦、文字情報はつらいです、NTTフレッツかスカパーにでも入ろうかな、とこんな時は必ず後悔する。 試合終盤はお約束のように回線いっぱいでレスポンスが悪い。とりあえず、経過確認した瞬間、小村のゴールで0-1、 いらいらしているうち平松ゴール1-1。これで今日は終わりかなとおもっていたら、PC画面は連打しても動かなくなりました。。。。。 試合終了後 某掲示板で1-1終了を知ったとき、進歩のなさを感じるとともに、いまさらながら、来週のホーム開幕試合に期待してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年10月25日 (土)

2003.10.25 対FC東京戦 観戦記録

試合結果 清水 ●1-3○ FC東京

石川ナオのぶっちぎられた試合でした。

途中で、3-0という情けなさをどうにかできたのは、ジョンファンが入れた1点があったから。横マリ、ナビスコのレッズ戦、大量失点にも動じないころでしたね。

200310_01fct

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月20日 (土)

2003.9.20 対横浜FM戦 観戦記録

試合結果 清水●1-5○横浜FM (横浜国際)

雨がひどくて、両ゴール裏が屋根のしたで声援を送るというヘタレな対戦。さらに前半 同点でおわったが、後半4点を失うというどうしようもないチーム状態。

観戦していても、ぁあああぁあああという日々。

まだ、1stとか2ndステージっていう時代。ジョンファンがいて、由紀彦が相手側にいて。

20030920_01fm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月26日 (土)

2003.07.26 清水エスパルス○3-0×ジェフ市原

前節のエスパルスの躍動が本当なのか?見てみたくなり、一路 日本平へ移動。今シーズン初の日本平ということで、観客の入りも良く? 周りもはやばやと満席となりました。

●試合について
良かった点)
前半3点取れたことで目の前で優勝カップを見せつけられずにすんだこと。チームに躍動感は戻っておりチームが生き生きとし始めていること。 いままで、ウィングバックが手詰まりになると、どうしようもなかったが、 ストッパーがドリブルでサイドをフォローされながらも縦を突くという動きの攻撃が効果的であったこと。特に、 左のストッパー森岡は危険地帯への侵入も多く、ALEXの×さを補ってたと思う。
悪かったこと)
天気(笑)。相変わらず、左ウィングバックが鈍いこと、右の人も縦が突破できないこと。後半 FW北島がいなくなった後は、 どうして点を取るのかはっきりしなかったこと。

●試合以外の
よかったこと)
後援会の金券が期限切れにならず、8,000円分使えたこと。雨には濡れなかった事。
わるかったこと?)
「すみません」とはじめに深くお詫びします。が、はっきり言って、このチーム優勝したいのでしょうか? (理由)せっかくのアウェイサイド2階が空いていたこと。大阪とか九州じゃないのに・・・・、親(鉄道会社JR_EAST) がツアーのひとつも組めないなんて。チームとして後を押す力が足りなかったのではないでしょうか(もっとも、 前節ヤマハスタジアムは狭いアウェイ側も満杯でしたから実質人数は同じくらいなのか)? オシム監督のいうように、 チームとしてどうフォローすればよいか?ノウハウがない気がしました。とりあえず、いきがかり上 今週の国立へいこうかなぁ、 っと思ってます、もちろんJEFを応援します。勝ってないチームのサポが言う話ではないことは承知ですが、あえて言わせて頂きました。 本当にガンバッテよ、次は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月19日 (土)

2003.07.19 FC東京△0-0△清水エスパルス

前節 鹿島に勝った勢いで、連勝なるかと思いましたが、結果は0-0です。
一人旅には最適な自由席アウェイ1200円(前売り 安すぎ)でしたが、見難いし電光掲示板が遠くて、メンバーが見えないです、 専用スタジアムが恋しい・・・。次回から味スタはバックスタンドにします。

チームの調子はというと、簡単にいえば、ツゥットがいなくなったけど、シーズン当初より動きは良くなった、
でもやっぱ点は獲れない。試行錯誤してとりあえず、以前の形までは戻りつつありますが、
それも3-5-2に慣れているから、なんとなく昔からの約束事はできているから、ということでしょうか?
それでも、ALEXが中央に切れ込んだときとか、アンがセンター付近でラウンドしながらキープドリブル始めたときとか、というと、 どうすることも無く周りの面子は腰が引き始めてしまい、「まかせたから勝手に点獲ってこいや!」状態にはいってます。
皆様 期待の北嶋ですが、パントキック===>キープはOKですが、味方に渡した後 自分はどうするのか? セットプレイにもちこめない時はどうするのか?コンビをあわせるほどレギュラー扱いで無いだけにスタメン結果を出さないといけません (時節はノボリか平松がFWかな)。
で、翌 日曜日 JEFと磐田がドローです、なんとなく10年選手 中西君を見に行きたい気分になってきました。
本当のホーム初戦でもあるし、とりあえず採点×な面子はいなくなり始めたということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月 5日 (土)

2003.7.5 清水エスパルス×0-1○横浜Fマリノス

待ちに待っていたJリーグ再開、とっくに優勝とは縁のない状況に陥っておりましたが、 国立でのホームゲーム開催ということで気合だけははいってました。なんといっても、 スポンサーのJALさまが全社動員かけて5万人くらいまでいくのでは(結果は約3.3万人)と推測し、 結構 はやくからいかないと席が取れないのでは、駐車場も一杯では?と早くも5時前には現地到着、まだ開いてませんでした。 絵画館のPはすんなりと入れましたが、VWのトゥアレグのイベントがあり、 スペースが半減中でした(始めはあまりもの大掛かりなので兄弟車のポルシェ カイエンかと思いました)。
試合は可もなく不可もなく?予想通りの内容です(スポンサーが離れないことを祈るのみです)。

ボールは選手、あなたのものです、隣のチームメイトのものではありません、しかも周りのコーチングなしではどうしようもありません。 他でも言われてますが、どこ(どのエリア)でボールを奪いどう攻めるのかがはっきりしてませんねぇ。でも、一方で、 ジーコ監督の某Nチームではありませんが、なんでも指示待ちでは進みません、自分、自分たちで何とかしましょう。 好調な横浜FMはO監督のチームという感じあり、指示された詰めを早く、パス交換はダイレクト、必ずオープンサイドを使う、 あたりまえのことをやっています、勝てます。でも、Jでは圧倒的な個人力量差は無いのでやってけますが、個人差があったらどうなんでしょう。 監督にどうするのか問うのか?選手が経験をつみ、互いにどうするのか不文律を作り上げるのか?意地?の張り合いどころと感じました。
最後に 関東各地から集まってきたサポーターの声援は、日本平より血と魂を感じました、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月18日 (日)

2003.5.18 清水エスパルス○3-0×ヴィッセル神戸

草薙陸上競技場の試合ですが、現地ではなくTV観戦です。
神戸は前節の内容とセンターバックのシジクレイ+土屋コンビでは得点の目がない、TOTO的には引き分けとおもってましたが、 アレックスへのマークが弱めなのと、テル・鶴見のフォローが利いて前半で2得点、勝てそうな雰囲気に持っていけました。
逆に後半ノボリがアウトし、アンジョンファンがトップだと、FWのチェースも弱くプレスにならない雰囲気。ただ、全体の動きはまだまだ遅く、 マイボールになっても、DFラインはあがらないし、中盤・サイドへのパスもぎこちなさがまだまだありますね。 センター3枚はまだ放送ではボランチと表現されてますが、監督の意図はボランチではない、フラット3枚のセントラルMFだそうです。
個人的には、良いほうに解釈すると守備は=吉田、鶴見、テルは攻撃的な2.5列目の4-1-2-2-1とでもいうのか?な?
選手とシステムはあってない、消化されていない状況からなんとなくこうしようと言うまでは進歩、 でもあと1試合で何人か出国したいやつがいるという状況には違いあまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月10日 (土)

2003.5.10 東京ヴェルディ1969×1-2○清水エスパルス

行ってきました、味スタへ。アン(ジョンファン)とツゥットがいないため、ノボリと久保山旦那が先発、変則の4-3-3、 ヴェルディも最下位、エスパも1stステージ ビリ2位と、裏天王山。
●試合中
負けが込んでいると、否定的な野次になりがち、応援になってない(チト反省)。

●試合後
個人的に、今日の○は高木和&純2人とノボリ、△はテルと鶴見
×はアレと吉田かなあ・・・。でも勝ったからいいか。エムボマ、大丈夫でしょうか?体重そうだし、一発がこわいけど、 下半身の状態が悪く走れない・続かない、まだまだ、東京Vはやばそう。エスパは一息つけたと思うけど。
※観客数について
約1.8万人、エスパサポーターの出席率は高いし、もう少し、差が出ると思ってました。昨年・一昨年からにみればヴェルディサポーター、 ジワリと増えている気がしました。今回もゴール裏もほぼ同等はいっていたように見えたし、危機的な状況ではないのかな、 でもFC東京の方がまだまだ多いようだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)