« 2004.06.22 Road to Lisbon | トップページ | 2004.06.24準々決勝 ポルトガルV.S.イングランド »

2004年6月23日 (水)

2004.06.23グループリーグ最終戦 ドイツ代表 V.S. チェコ代表

「大陸の果てで、愛を叫ぶ・・・・はず。。。」

6月23日 朝っぱらから

6時半に起床、勝手に目が覚めました。フロントに下りて、朝食を確認するとまだ始まってないとの返答。腕時計を見ると、7時半・・・・。

K「今何時?」

F「6時半??」
とこのとき初めて、自分の時計が「パリ時間」であるのに気づきました。昨日のCDGからリスボンへのエアーは到着が遅れていたわけではないようです(汗)

気を取り直して、今日は試合前にどこへ行くか考えます。
まずは大西洋でしょ、っということでインフォメーションをめがけて出かけます。地下鉄の駅が分かりません。結果 適当に歩いていると行きたかった駅とは違う駅に着きましたが、とりあえず進みます。

地下鉄のインフォで聞いてもここでは、3日券は購入できないというし、それ以上の会話は成立せず、退散。1回券を購入し、まずはロシオ広場付近へ移動。

地図を見ると一つ前の駅(レスタウナドーレス駅)の方が近い、でおりて、近くのフォス宮の前のインフォを探しました。分かりません?どこにあるのか?ケーブルカーの隣にあるはずですが、とみると、10時前だからか事務所は空いてない。ボランティアも扉の前に並んでます。しかたなく10時まで待ちます。

開場後 おばちゃんに「ツーリスモなんとか???」のチケットが買いたいと適当な英語と「地球の歩き方」の文字を示して聞くと、なんとか広場にあるCARRISで買えという、参考書ではここで買えると書いてあったが、このおばさん結構 無情(汗)。
気を取り直して、まずは、CPのロシオ駅に移動、窓口でシントラとバスのセット券を購入し移動開始。地下鉄は後で買えばいいやと思い直す。シントラ駅までの間、郊外を電車は走ります。途中 きれいな新興住宅(マンション)もあるんですが、乾燥地にトタン板で囲んだような貧しげな住居もあります。電話とか電気もなさそうです、さすが、ギリシャを抜いてEU最低という貧困さを感じます。
Sintra21_1

Sintra11_1
シントラの駅について、ロカ岬行きのバスを待ちますが、日本人多いです。ロカ岬行きのバスは4m以下の幅の細い道を40人乗りのバスが走りますがジェットコースターより怖いです。FR駆動で、カーブではバスのケツが不安な音とともに流れます、タイヤが悲鳴を上げます。道との幅いっぱいいっぱいでぶつかりそうです。日本なら一方通行にあるそうな道もクラクション使ってがんがん行きます。
040623_11_1

ロカ岬はガスが出ていて、日本人だらけ、地元以外の外人だらけです。ユーラシア大陸最果ての地で、写真撮影。 その後、シントラにもどるか?エストリル方向に抜けるか?迷った末に戻ることにしました。 で、携帯が鳴ります、日本からです、でも女の人からではありませんでした、残念。。。。。
折角だからと、いろいろこっちらかも、日本へ電話をかけてみます。が、勝手に1人でいっているだけあって反応悪し。

その後、世界遺産となっている、シントラ内を探索、山の上にあるムーア城跡を見ながら、一部トレッキングし、一路 ロシオ駅まで戻ります。
Sintra31_1

ロシオ広場を渡り、フィゲイラ広場の脇のボックスで、「地下鉄・市電乗り放題 チケット」は無事購入できました。

待ちに待った、試合です。
Alvalade211_3

急いで、ホセ・アルバラーデスタジアムへ移動、   
ここは、「スポルディング・リスボン」のホームスタジアム。試合2時間前には到着も、カードがカードだけに、予想よりもそんなに混雑を感じません。駅下にあった飲食店で買ったパニーニとミネラルウォーターで腹を満たそうとしましたが、第一関門でペットボトルは蓋を取られました。スタジアムへ入るときはペットボトル本体も捨てろといわれました。

試合前ですが、

(1)試合前の選手紹介は、開始 約10分前。
直前まで大型ビジョンでは、スポンサーCFを適宜はさみながら、カウントダウンが流れる。

(2)今日はドイツのホーム扱いなのか?
  選手紹介に差が。
  MC「No.13 ミヒャエル?」
  サポ「バラック!!」  がここで聞けるとは!

(3)コレルもネドベトも、アップで見ただけ。
  ポポルスキーは途中から出てきたけど。シュートはウマい。

(4)アップ見てても、試合見てても、ドイツのいいところはあんまりなし、折角 応援しているのに。

試合はといえば。。。

チェコのパス&ゴーにドイツのメンバーは、付いていけません。

特に、ドイツは、中盤後ろ目からワイドにサイドへパスが出せません。プレイヤーはいるんだけどね。結局 サイドの局面でもドリブル勝負している(させられる)し。

ドイツで好印象だったのは、後半 恕等のように攻めてたサイドバックの#21 P.Laum(DF)、とダイレクトだ!と思ったらほんとに打っていたバラック。イマイチくんは#19シュナイダー、今後に期待したいのは#7シュバインシュタイガーってとこですかね。040623_21

後半 かなりドイツは押していたんですが、ちょっとしたことで逆襲され、カーンがフトモモで止めたような気もするが、こぼれて決められて。サポーターもドイツはイマイチ元気なし。ボールの行方を心配そうに追う。
チェコサポーターは元気いっぱい!
カーンはそれ以外にも2回ほどチェックして1対1を止めてみたりとがんばっていたが、動きの質はチェコが圧倒していた。
で、チェコは??っていわれても、メンツがわからんので省略。
ただただ、ウマいなぁこいつらと。チーム練習できてるね。

試合終了後は大人しく帰ります。地下鉄の駅を出てもホテルがわからない。パトカーを見つけて、英語で話しかけても会話は通じず、なんとか、地図を元に現在位置と、ホテル位置を確認。無事 到着できました。Alvalade2121

腹は減ってないので、夜は食べずに寝る。。。。。とおもっていたら、後に考え直したらですね、ホテルの地下にあるカフェで、ラザニア頼んで食べてたんです。でも、ちょっと火の通りがアマクテ、熱々ではありませんでした。

まぁ、こんなもんでしょ、と思いながら腹に溜め込み、ぼんやりしながら寝たというのが、ほんとのようです。しかし、ドイツはどうなっちゃうんだろう???というのと、チェコのネドベドのプレイは見れなかったなぁ、という後悔が残る一日。

項 目 予 算(ユーロ)
インターネット(ホテル) 3.00
地下鉄 0.65
CPロシオ<=>シントラ+バス 1日券 9.00
お昼(パンとミズ) 2.50
ロア岬 到達証明書 5.00
ムーア城 3.50
F Colinas(地下鉄、バス、市電 3日券) 9.05
晩飯(パンとミズ) 3.50
ノンアルコールビール 2.00
プログラムなんどいろいろ 16.00
夜食(ラザニアモドキ他) 12.00

|

« 2004.06.22 Road to Lisbon | トップページ | 2004.06.24準々決勝 ポルトガルV.S.イングランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150371/3292458

この記事へのトラックバック一覧です: 2004.06.23グループリーグ最終戦 ドイツ代表 V.S. チェコ代表:

« 2004.06.22 Road to Lisbon | トップページ | 2004.06.24準々決勝 ポルトガルV.S.イングランド »