« 2004.03.13 サンフレッチェ広島△1-1△清水エスパルス | トップページ | 2004.03.16 U-23 日本代表 ○2-1×レバノン »

2004年3月14日 (日)

2004.03.14 U-23 日本代表 ×0-1○ バーレーン

浮かれているうちに追いつかれた、というか抜かれた。
自転車2台を車に乗せて、さいたまスタジアムへ一路向かう。 UAEラウンドで見せた山本監督の涙がいまだに気にかかるが、まぁ、 1-0か0-0で終わるのかなと思いながらスタジアムへ向かう。 いつの間にか完成したサブグランドを横目にホーム側カテ4にて観戦開始。
第1試合は南側のアウェイゴール裏からレバノンコールが時折起こる中、フリーキックが決まりUAEは先制されてやや浮き足立つ。 バルコニー席からのコールに促され、次々と日本サポーターから最下位レバノンに向けコールが繰り返される。 無論 最大の敵は勝ち点6のUAEだったが、セットプレイから2-0となったときは、こりゃ第2試合は楽だな、 と気分がやや浮き足立ってました。その後 1-2となったときは逃げ切れないかな、アクロなシュートで2-2となったときには、 何とかこのまま逃げ切ってくれとおもいながら、「けんちんうどん」をすすってました。結果 乱闘騒ぎの中 試合は無事終了。 若干 うつ伏すUAEプレイヤーもおり、勝ち点足りないヤバさがありありのUAEチーム、これで日本有利と思ってました。
第1試合の結果に会場内の日本サポーターがにやけるなか、第2試合の練習開始時、試合開始前のころだったかいつだった忘れたが、 バーレーンのプレイヤーはなんと、アウェイ側を中心に客席にプレゼント(応援用のシャツかぬいぐるみか?なんか)を投げこんでまして、 それを見るに、「さすがオイルダラー系王国、金余っているなぁ」、「そんなもんで買収されんで、とっと捨てんかい!」とおもいましたが、 投げ返すやつ(日本人)はおりません、見事 日本サポの買収完了ということでした。

試合は、中盤で前田先発、いきなりFW高松、と聞いた瞬間にヤバいと思い、やっぱりうまくいかない前線陣。 高松は今大会では鬱憤を晴らすストレス必須、後半45分使用でこそ生きるし、ギャンブルするなら先発で大久保と思ってました。 石川が練習しても左は根本だったし、監督どっかずれてない?と思うことしきり。体調悪いなら、追加で呼んだやつ使えよ、とも思う。
決定的なのは諦めの悪いバーレーンは日本を研究し相変わらず守りつくしてきたことです。トゥーリオが消えた後は、本当 昔のチーム、 一番初めにチーム立ち上げたときに感じた、大人しいというより、活気のない、陰気な、会話のなさそうな、 阿部ちゃんフリーキック頼みのチームに早戻り。茂庭もA代表経験者とは思えないクリアミス・パスミス・アンラッキーぶりも発揮。 ベンチワークもプレイヤーも昔に戻ったことで、やっぱり本質(母体となっている世代の力量)は変化なしということが分かりました。 ここで大久保君が魅せれば、一躍ヒーロに戻れるし、ダメなら前園以下が立証されるのではないか。次節のレバノン戦が見もの。
そんなことより、本当に勝ちたいのか?勝てないと諦めてないか?オリンピックよりワールドカップと知ったかぶってないか? 応援する側もいつの間にか若返っているけど、ブーイングだけが命ではない、応援がベンチを、プレイヤーを励ますことを忘れてません? 後ろのお姉さん、悲鳴を上げるなら、励ましてあげなょ、ホント。

※追伸 木曜日 西ヶ丘でのバーレーン対レバノン 意外と見る価値が出てきたりしてます。国立霞ヶ丘がだめそうなので、北区まで行こうかと。  

 

|

« 2004.03.13 サンフレッチェ広島△1-1△清水エスパルス | トップページ | 2004.03.16 U-23 日本代表 ○2-1×レバノン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150371/3484772

この記事へのトラックバック一覧です: 2004.03.14 U-23 日本代表 ×0-1○ バーレーン:

« 2004.03.13 サンフレッチェ広島△1-1△清水エスパルス | トップページ | 2004.03.16 U-23 日本代表 ○2-1×レバノン »