« 2003年12月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年1月 1日 (木)

2004.01.01 セレッソ大阪 ×0-1○ ジュビロ磐田 

天皇杯 準決勝開始30分前、私はファミマのマシン前でチケットを入手していた。ラジオと速報で0-2とジュビロのリードが伝わり、 かなり諦めモードだったが、車を降りるときは1-2と若干の挽回、ただ、前半44分のゴールによりエスパルスの後半はダメダメパターン、 点の取られ方は悪すぎ、負けパターンと自覚して期待は持てなかった。帰宅後 終戦を知るも、昨年出かけてないから、 今年は行くかということでチケットを生かすことにした。
 その昔 フリューゲルスがなくなる前(くらいかかな?)は優待でチケットが入手できた時期があり、 対戦相手にかかわらず元日はなぜか国立にいた。今では対戦表とエスパルスの戦力を眺めながら様子見で購入している。もちろん、 満男のゴールでいやな味を覚えた時も、桜色チームが相手の時も、現地で観戦している。 今回はどっちも応援していないので出かける時間も遅く会場入りは13時直前位だった。

初王手の磐田と幾度かの経験があるセレッソ。サポーター数はややジュビロ有利、演出は桜色をビニールシート?で広げたセレッソの判定勝ち。 ジュビロはビックフラッグ持ち込むことなく、いつものゴール裏のシートを広げに留まった。レッズ、 アントラーズなどにくらべると格段に迫力が落ちる両サポーターに会場の盛り上がりは今ひとつ。 見物人が多いセントラル会場での正月特番という感じで試合は進みます。前半はやや硬さの目立つジュビロにトップへの早めのフィードと大久保・ モリシのドリブル持込でカワシにかかるセレッソとやや両軍で手詰まり。特に左サイドを上がれない成岡は×、 逆に右サイドの西はボール22を要求し、中に外に仕掛けてチャンスを作ります。トップに入った前田も正確なボールストップ、ポストプレー、 ドリブルといい感じですが、シュートは××です、入りません。
後半 どちらも我慢しつつ狙いつつ、でも点が入らない雰囲気が強まる中 ついに25分過ぎあたりから中山投入。 2ndステージ最終節の中山投入は怪我回復具合と自軍リードの状況から投入は躊躇した監督が、今回は90分勝負を賭けて適度な時間帯に投入。 中山も期待に応え相手ゴール前で奮闘。試合前の練習中では外しているシーンが多かったが試合中はヘッド競り合いに勝ち、 何回か繰り返した後には、ボールを繋ぐことに成功しグラウがゴールゲット。
その後はセレッソのリスタートを遅らせたグラウがレッドを頂き10対11に持ち込まれるが菊地投入で守り切ったジュビロが初栄冠(ヤマハ時代は除く)で柳下監督の誕生日を祝うこととなりました。 本当に中山投入はスイッチが入った状況になり、名波のいうジュビロ魂モードになります。
一時期の華麗なパス回しは今日の相手がロングボール主体だけに見せる回数は少なかったですが、 競り合いに勝つという気迫はやはり一番なチームがジュビロだと思い知らされました。 藤田が帰ってきて元通りになると怖いのはやはりこのチームも最終ラインの高齢化だけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年3月 »